Top > ネット > 最後にうまくいく

最後にうまくいく

現実にノートPCのディスプレイの前で止まることなく上下動している市場を目を向けているとすぐに取引をするという思いに追い立てられる事も多かったりします。

 

だけど、ぼんやりした考えで注文することは避ける必要があります。

 

ご覧の通り、外国為替市場は24時間休みなくどこかで外国為替市場が変動しているし、マーケットも常時上がったり下がったりします。

 

だからといって、売買をするとその分損失が生じる可能性が高くなります。

 

言うまでもなく、取引の回数を経験することによって結果的に儲けられる可能性が五分五分になっていきます。

 

しかしこの事実は「なんだか分からない思いつきで注文」することとは別問題です。

 

取引回数を増やす事の意味は、自分が「ここは勝てる」と考えるチャンスを得たケースでの取引回数を増やすという意味である。

 

ただ何となく、休む間もなくエントリーを繰り返すのとははっきりと違う。

 

マーケットの勝負に負けないためには、己で緩急をつけることが肝心です。

 

「ここはいける」とよく考えた市場の時には、思い切って所持ポジションを買い増して徹底的に儲けを狙います。

 

「だいぶ分からない市場でどう推移するのかわからないな」と思い至った時は観念して所持ポジションをひとつも残さないでクローズして黙っています。

 

そのくらいの緩急をつけた方が、FXは最後に売買はうまくいくものだ。

 

為替相場の名言には「休むも相場」というものがある。

 

文字通りその通り。

ネット

関連エントリー
古本買取の専門店でどういったところが高価買取してくれるの?最後にうまくいく