Top > 独り言 > 取引から離れる事も大事なこと

取引から離れる事も大事なこと

ノートパソコンの画面の前に座って、いつも動いている市場を目を向けていると何やら売買をしなければならないという抑えようの無い感情に駆られる事も多いと思います。

 

だけど、不確かな衝動でエントリーするのは絶対にしてはいけません。

 

確かに、マーケットは昼夜を問わず外国為替相場が変動しているし、マーケットも常に、変化しています。

 

そうであっても、考え無しにエントリーを繰り返しているとその分だけ損失を被る率が高まってしまう。

 

無論、売り買いの数を経験することによって、次第に利益を上げられる可能性が五分五分になるのは周知の通りです。

 

しかしそれは「なんだか分からない思いつきで売買」することとは別の問題です。

 

売り買いの回数を積み重ねるという意味はあなたが「ここは!」と考える確信を得た状況でのエントリー回数を積み重ねるという事です。

 

格段の理由がなく、のべつ幕なし注文を重ねるのとははっきりと違います。

 

相場の勝負に勝利するためには、あなたが意識的にメリハリをつけることが大事です。

 

「ここは勝てる」とよく考えた為替相場の時には、迷うことなく所有ポジションを買い増して覚悟を決めて利益を追求します。

 

「かなり難解な外国為替相場でどうなるか読めないな」と思ったならば、潔く諦めて持っているポジションを全部クローズして何もしません。

 

それぐらいのメリハリがあったほうか最後には取引は勝てます。

 

市場の格言には「休むも相場」というものがある。

 

まさに言葉どおりだと思います。

 

取引とは、何も常にポジションを保持する事が大事ではなく、売買ポジションを所有せず待っている事もまた必要です。

 

じゃあ、どういう場面で、休めばいいのでしょうか。

 

第1に言われるのが前述の通り、現在の外国為替市場が曖昧で見通しがきかない時ですそこからどちらにいくのか見通せない時は、考え無しで行動すると、あなたの思ったシナリオとは違った方向に外国為替市場が向ってしまい、損失を被ることになる。

 

そうした場面ではポジションを整理して、何もしないで黙ってみているだけが最善の策です。

次に、あなたの体の状態が思わしくない時です。

健康状態と外国為替市場に影響ないと考える方もいると思いますが実は案外影響を与えます。

http://blog.livedoor.jp/joetsuup/

体の具合があまりよくなければ、外国為替相場のミスできない場面で、正しい決断を下すことができません。

やる気がわかない時は、取引から離れる事も大事なことだ。

 

独り言

関連エントリー
取引から離れる事も大事なこと